So-net無料ブログ作成
検索選択
マリア2 ブログトップ

これから始まるドキュメンタリー [マリア2]

超久しぶりに第2話です。その前に第1話を再プレイしました。なんか間違ってる気がしてw慈愛堂生物研究所を景山に案内してもらった時に青いバラを見に行かずに、カフェテリアに行きました。カフェテリアにはヒール財団の理事長がいました。才色兼備の女性です。研究所はヒール財団と、希少生物のデータで協力しあっているそうです。…バラ見に行った方が良かったんでしょうか、どうだろう。

第2話では真里亜が憧れる先輩、後藤海人が登場。ダンディーですwこの後、真里亜と比奈子は同居することになります。レストランでのディナーで同居の話をしたんですが、その時もヒール財団の人が店内にいたような覚えがありますが、プレイしたのがだいぶ前で忘れましたw

帰宅した真里亜がニュースで観たのは、なんと亜門博士殺害のニュースでした。そして景山が容疑者として手配されていました。なんという怒涛の展開。おっとりしていてちょい抜けている景山、すぐに逮捕されそうでしたが、なんとなんと捜査の網をかいくぐり真里亜の部屋へやってきます。

景山によると、博士から渡したい物があると言われ所長室で待ち合わせたが、行った時には博士はナイフで刺されていたとのことです。博士は景山に、カギは2つ必要だと安藤に伝えてくれと言います。真里亜は博士に名詞を渡していましたが、博士はその名刺を景山に渡しました。そして、警察に連絡する前に安藤の所へとも言っていました。そして最期に私は間違っていたと言い残す博士。

その時、背後に人影が。その人物は銃を向けつつ、景山が博士殺しの犯人になる、証拠は揃ったと言って去りました。ナイフは景山の物で、さらに刺さったナイフを抜こうとしたりしています。そして警備員に目撃されたりしています。確かに証拠は揃ったようですw

博士の研究は遺伝子や染色体など、生物の根源に迫ることだそうで、この研究が事件の原因?博士は景山に話したいことがあったようです。データは全て揃えたとも。

今回は真里亜が住んでいるお部屋を見れました。カラッとした明るいお部屋はシンプルですが、あちこちこってます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

人魚伝説を追って [マリア2]

第1話「人魚伝説を追って」をプレイしました。主人公の真里亜は、さくらテレビの社会部に所属する新米報道記者です。ショートヘアのカラッと明るい女性です。梅宮アンナちゃん似。

先輩の安藤は社会部室長、ミサワ似です。官房長官候補の鷲崎にこだわっているようです。友人の比奈子はコンピューター室のプログラマーです。知的な眼鏡美人アナウンサーの塩田真弓さんに似てるかな。『金庫名人!比奈ハッカー』の作者です。

真里亜は慈愛堂生物研究所で、ノーベル化学賞受賞者である亜門博士に会い、ディスクをもらってから、希少生物について取材する事になりました。この研究所は、希少生物の人工繁殖と保護では世界的に有名です。研究所の入口で感じの悪い男とぶつかったりしつつ、博士に会う事が出来ました。博士は遺伝子と、人魚伝説での人魚のモデルであるジュゴンを研究しています。

取材後に何故か部屋を探検させていただく事になりました、まぁゲームなのでwここで、博士が遺伝子について興味深い話を聞かせてくれます。他にも、白いユリの花は聖母マリアの受胎告知の時の奇跡の花であり、マリアが純潔のまま神の子を宿した象徴、という気になる話もありました。この先の展開に関係あるのかな。EVEの部屋は生命誕生の部屋、つまりは培養実験室だそうです。そして博士のパソコンもレインボウズだという、どうでもよさげな事も分かりました。

と、博士の助手の景山が登場。眼鏡をかけた田辺誠一という感じでしょうか。ぶつかったのはコイツですw研究所を案内してもらう事になりました。研究所では青いバラの研究をしていました。青いバラといえばサントリーブルーローズが有名ですね。花のイベントで見たんですけど、きれいでしたよ。ブルーというよりはパープルに近い色ですけど、今後はさらにブルーに近くなるのかな。

博士は鷲崎の娘マリアについて調べていました。人魚のなみだというディスクを誰かに渡す約束もしていました。ここで第1話は終了。ここまではゲームというよりはストーリーを追っていった感じです。簡単な探検はありましたけどwこの先はだんだん難しくなっていくようなので、ちょっちプレッシャーを感じますw
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

マリア2-受胎告知の謎- [マリア2]

前に書いたプレイ中のPlayStationのソフトとは「マリア2-受胎告知の謎-」です。PlayStation 2があったので、HARDOFFで安いジャンクを買ってきたんですが、今のとこは問題なくプレイできてます。

前作「マリア-君たちが生まれた理由-」はSEGA SATURNでプレイしました。前作は多重人格を扱った内容でして、説明書には多重人格を表現したらしき、仮面をつけた女性の写真が載っていて、この撮影は恥ずかしかっただろうなとか思いながら見てました。今作はジャンクなので説明書が入ってなかったんですけど、またあんな恥ずかしい写真が載ってたんでしょうか。ちなみにジャケットは仮面と思われる絵だったりします…。

ずっとSEGA SATURNをプレイしてきたので、初PlayStationですよ。おお、オープニングは映像も音声も美しい、迫力、すごいです。まあでも、全体的には今時のゲームに比べるとレトロかな。私はレトロなミステリーゲームは好きですけどね。キャラクターの動きも、少しぎこちないです。なんかSEGA SATURNとそんなに差を感じないかもw

今作のキーワードは遺伝子です。ゲームは声優さんのボイスとテキストで進めていきます。前作同様、選択でストーリーが変化するインタラクティブドラマです。選択肢によりマルチストーリーが分岐し、最後に待つのはマルチエンディングというわけです。プレイしてみて、早くも選択をかなりミスした気がしていますw前作のバッドエンディングみたいになっちゃったらやだなぁ。

前作のPCはマイケルソフトのレインボー98。今作はレインボウズ2000です。マイケルソフト、レインボウズ、実際にあったら確実に使用しないダサイ響きの名前です。今作もメールが出来ます。ブレイクから、マリア2似顔絵コンテストのお知らせメールが来ました。応募した人はどれくらいいたんでしょうか…。ミニゲームも出来るので、早速『金庫名人!比奈ハッカー』というミニゲームをプレイ。頭を使う数字のゲームで苦手かもw

マリア2

マリア2


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
マリア2 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。