So-net無料ブログ作成
検索選択
ブリーチ ブログトップ

今週のBLEACH(2010、11、16) [ブリーチ]

今週の感想です。3段落目から原作にふれてる部分あるから気を付けてね。前に東仙がメインの回があったので、今週はギンのようですね。ギンの白い死覇装の水色の帯が髪の色と合っていてきれいです。東仙の回は狛村隊長と檜佐木とのシーンで感動したので、ギンもそういうかつての仲間とのシーンあるのかと思ったけどないのかな。檜佐木かわいいよね~、藍染様の前は檜佐木が一番好きでした。

ギンと対戦した一護がもっと苦戦するかと思ったらそうでもなくて、そんな一護がかっこ良過ぎました♪一心とのコミカルシーンもありました。直接藍染に聞けばいいだろって、そんなしなそうな事を言うのがおもしろい。今週の再放送にも一心が登場してましたね。あれは家族にとって辛い日の前日だから、あえて明るくしてたんですね。ラストの一護は辛そうでした…。あの回はヌイグルミのコンが初登場してましたね。コンに振り回されても、相手の立場になって相手の気持ちを考える、そういう事ができる一護の優しさ、素敵だな。謎の死神?の男達も登場しておもしろくなりそうです。

今回は藍染様があまり出てなそうだからボケッと観ててもいいかな、と思ってたけど、結構出てるみたいなので慌てちゃいました。雷吼炮も見れたし。今回は見逃しても無問題な回かなとか思ってたけど、観て良かった~。藍染様のカップリングって年下が多いみたいですけど、私は年上か同年代がいいかなとか思うので、一心と戦う藍染様に萌えましたw「どうしたよ、動きが鈍くなってんじゃねぇか、もう限界か」と一心に言われて「ああ…」と答えるシーンとか、ちょっとしたセクシートークに聞こえましたwその後は浦原さんも加わって、きれいな藍染様の状態で浦原さんとのからみが見れそうでカ・ン・ゲ・キ。でもそろそろ姿が変わっちゃうのよね。姿が変わってる間の回は観なくてもいいかなw感想は観る回だけ書こうと思います。再放送は藍染様が出る回だけ感想書きます。毎回書くのって結構大変ですし。毎週感想書いてて、さらにマンガの感想も書いてる方ってすごいなぁと思います。たぶん作業とかササッと早くできる方なんだろうな~。

今もサイトやブログで藍染様の勉強中。眼鏡時代はヨン様とか呼ばれてたんですね。え~似てない…。私はビョン様の方が好き。誰かビョン様似のキャラいないの~?あと生きてるから脱獄の可能性もあるとか書かれてたけど、もしそうなったら嬉しい~。脱獄があったら雛森ちゃんとか、あと雀部さんという人が関わりそうともありました。雀部さんっていう人を見掛けた事がないけど目立たないキャラなのかな。そういう人が実は…みたいになったらおもしろいね~。

あ~、それにしても美しい藍染様が監獄に入るって、なんていう萌え展開wマンガでも映画でも、ドラマでもあったかな、監獄にイケメンが入っちゃうとすぐ「よう可愛い顔してるな」みたいなホ○キャラが出てきちゃって、色々あったりしますよね。「BLEACH」は少年マンガだから、そんなシーン出てこないか。でも期待してますw

先日も「デス・レース」という刑務所が舞台の映画にホ○キャラが出てました。刑務所のホ○キャラは白人が多かったけど、珍しく黒人。ジェイソン・ステイサム演じる主人公ジェンセンに初めは関心ゼロでしたが、最後はジェンセンの渋い男気に惚れちゃったんじゃないかな。むちゃくちゃなバイオレンス映画で、むちゃくちゃ過ぎて笑えるくらいでして、脱獄シーンも派手にむちゃくちゃでした。藍染様が脱獄するならどうなるんだろね。「X-MEN 3」のジーンみたいに全て破壊みたいなキャラ出てきて脱獄したらおもしろけど、あんなキャラ出てきたら誰も勝てなくなっちゃうか。



BLEACH(2010、11、9)の画像 [ブリーチ]

BLEACH(2010、11、9)とオープニングから気に入ったシーンの画像です。TV画面を写真で撮りました。もし載せちゃまずいようでしたら、削除するので教えて下さいね…て不安なので毎回書きます。まずオープニングです。

20101113bleach4.JPG

20101113bleach5.JPG

悩殺の眼差し。オープニングの曲はシドの「乱舞のメロディ」ですね。歌詞が内容に合ってますし、主人公が男の子なんでボーカルの声も合ってるかなと思います。miwaの「chAngE」やSCANDALの「少女S」も女子キャラに合ってて良かったですけど。映画版でも使用されたポルノグラフィティの曲もカッコ良かったです。次のシーンは今のオープニングの映像を見てから、ああこういうシーンはBLEACHぽくていいなと思ったシーンです。

20101113bleach1.JPG

20101113bleach3.JPG

オープニングの映像は、姿が見えない死神の戦いをクレーンや雲の揺れで表現していて、その映像を見てからこういう高い場所のシーンがいいな~と思いました。再放送のオープニングの草むらでの戦いの映像もカッコ良いですけどね。再放送っていえば録画して観たんですけど、朝食のシーンで登場したのが一心??人間としてずっと暮らしてきたのかな。だとすると死神だもんね、何年たっても老けなかったりするわけだから、家族とか変に思わないのかな。ていうか死神と人間が結ばれたりとかってありなのか…なんて深く考えてはいけないの、かな。最後は戦闘シーンからです。

20101113bleach2.JPG

超越している藍染様は刀を手で止めますwさすがだわ。



今週のBLEACH(2010、11、9) [ブリーチ]

今週は作画がイマイチだったです。でも藍染様は素敵でした。過去のシーンで登場した工場みたいな建物、あれが虚夜宮なんですか。虚夜宮の藍染様を見るのは初なので感激。でも過去のシーンの作画も微妙だった…。あと足下の地面ごと上昇する眼鏡藍染様も見れました。あれはまだ謀反前なのかな。現世でのシーンなんでしょうか。

過去のシーンには一護をレベルアップさせた、ウルキオラ、ヤミー、グリムジョーとの戦いのシーンもありました。ウルキオラと完全虚化して戦う回だけ観た事あります。あの戦いの最後、ウルキアオと織姫のシーンが良かった。BLEACHを観始めたのって一角のハゲが好きな女の子とその弟の住む部屋に、一角と弓親がお世話になる回あたりかな。あと斬魄刀異聞篇を何話か観て、破面篇からまた観ようかと思ったら、その回がちょっと残酷だったんで引いちゃって観なかったんですけど、ウルキオラと完全虚化して戦う回からまた観て、ようやく藍染様という麗しいお方がこのアニメに登場してた事を知りました。もっと早く知りたかった…あ、でも再放送を観ればいいのか。

ストーリーの後半には一心が登場。一護が一心に会うのはあれが初なのかな。一心登場できゅうにコミカルシーンになったりしてました。さらに離れた場所で戦いを見ていたギンも藍染様のいるビルにやってきました。作画も微妙ですが、この二人の間に流れる空気も微妙にピリピリしてますね。まぁ藍染様が強過ぎちゃって、ギンが戦わないで見物してても無問題なのは確かです…。そしてビルに一護が来るとギンが受けて立ちました。藍染様には一心が攻撃を仕掛けました。おお、一心は強そうです。

藍染様のおかげで久しぶりにアニメを観るようになりましたけど、それまでTVで観るのは洋画や海外ドラマ、あとは旅番組とか料理番組でして、アニメを毎回観るのってほんと久しぶり。前に毎回観てたのってZZガンダムだったかな。「BLEACH」観てるのって10代が多そうだから、ZZガンダムなんて知ってる人いないかな~。ZZはカミーユが好きで観てたんですけど、カミーユは前作のZガンダムの主人公でして、ナイーブでちょい生意気キャラだった主人公時代はクワトロ大尉や強化人間フォウの方が人気があったんですよ。最終回の戦いで精神崩壊してしまったのもあって、ZZでは守ってあげたいキャラとして登場したカミーユは、なぜかZZの主人公ジュドーよりも人気になっちゃいました。ZZでは主人公よりもカミーユや強化人間プルが人気があるっていう妙な状況が再び起こってしまったんですよ。私はZZからガンダムを観たので、カミーユは主人公の頃は不人気だったのが意外でしたね。

Zのキャラデザ担当の安彦良和さん原作の劇場版アニメ「アリオン」も好きでした。原作も読んだりしてハマりました。アポロンには藍染様ぽいとこがありますね。
アリオン…一護
レスフィーナ…織姫
黒の獅子王…一心
アポロン…藍染様、という感じかな。



BLEACH(2010、11、2)の画像 [ブリーチ]

BLEACH(2010、11、2)と予告から、気に入ったシーンの画像です。もちろん全て藍染様。これTV画面を写真で撮りました。もし載せちゃまずいようでしたら、削除するので教えて下さいね。では、まず総隊長の一刀火葬に気が付いてハッとするシーンです。

20101109bleach1.JPG

たまらん表情だわ。写りは最悪ですけど(;^_^A。次は傷の血がサーッと風に吹かれて消えていくシーンです。
20101109bleach2.JPG

藍染様、どこまでも素敵過ぎる…。次は予告からです。
20101109bleach3.JPG

横顔もきれいだわ…。東仙を始末した時のブラックな横顔も素敵でした。

再放送も観てるんですけど、藍染様が登場するのってまだ先ですよね。でも登場してなくても、この頃から藍染様はあれこれと地道に仕込んでたんだなとか思いながら観るのもおもしろかったり。観返すのがおもしろいタイプのアニメなんですね。それしにてもあれこれ仕込んでたとか、本来の超越した能力を隠して生きてきたとか、善人の様に振る舞ったとか、そういうとこはダース・シディアス的なんですねぇ。

最近ファンになったので、色々知りたいなと思って藍染様について書いてあるサイトやブログをあちこち見てたんですけど、その中に12月発売の「ブリコン~BLEACH CONCEPT COVERS~」について載っていて気になっちゃいました。主題歌をキャラクターたちが熱唱するアルバムで、一輪の花を歌うのは藍染惣右介と雛森桃とありました。歌詞が雛森ちゃんの気持ちに合いそうな内容のようですが、でもなんで今頃この二人で歌うんだろう。激しく今頃感があるような…。ドラマCD「騒乱前夜」も気になっちゃいました。アニメ化とか無理なのかな~。
タグ:BLEACH



藍染様の過去について考える [ブリーチ]

藍染様がこの先どうなるのか気になって原作の感想を書いてるブログなど読んじゃったんですよ。なのでアニメ版だけ観てる方にはネタバレになるので、気を付けて下さいね。

[喫茶店]ここからネタバレです[喫茶店]

捕らえられた藍染様は、地下監獄最下層第八監獄無間にて1万8800年の投獄刑になったそうです。すると「成程。君達如きがこの私に判決か。些か滑稽に映るな」などと言っちゃったので、刑を2万年に引き上げられたそうです。判決は某掲示板ではニュースのスレッドにもなったそうで、話題になってたみたいです。

死神に寿命があるのか知りませんが、藍染様は不死だそうで、2万年という長い時間を地下監獄最下層第八監獄無間で過ごす事になるそうです。無間とは映画版の「X-MEN 2」でマグニートーを拘禁した監獄みたいな感じなのかな、どんな所なんだろ。力を失った状態だから特殊な監獄じゃなくてもいいのかな。あ、でも不死って事は全ての力を失ってるわけじゃないんでないのかな、今も崩玉と融合してるそうだし。ところで独房よね、あんなきれいな人が刑務所で独房じゃなきゃ大変な事になっちゃうわよね。

一護は藍染様が孤独から自分と同じ目線に立ってくれる誰かを探していたと言っていたので、その結果の凶行だという事になりますが、孤独だからってだけであれだけ色々な事をするんでしょうか。権力や力への執着も感じられましたし、心もまるで氷の様。あまりに冷酷で心が壊れているようというか、狂気すら感じます。孤独以外にも何かあったんじゃないかな。

藍染様みたいに表の顔と裏の顔を持つキャラは他の作品にも登場します。表の顔は品位ある元老院最高議長パルパティーン、裏の顔はシスの暗黒卿という「スター・ウォーズ」のダース・シディアスは権力欲の塊で、邪悪過ぎてステレオタイプ。孤独ってワードが出てくると藍染様はこういうタイプじゃないですよね。

「アンフェア」のSP版と映画版に登場した公安の斉木にも表と裏がありました。斉木は婚約者を自殺に追い込んだ警察上層部に復習する為にテログループの仲間になったんですけど、藍染様にこういう誰かの為の戦いみたいな事情はなさそう…ですね。こういう事情があったのはギンなのかな。

ドラマ版で観た「銭ゲバ」の主人公である風太郎は貧しさと裏切りから、金の為なら人を殺す事もためらわないようになります。騙す相手には優しい人のように振る舞いましたが、本当はそういう良い人になって、家族を持ち幸せに生きたいという願望が心の底にありました。藍染様の過去は不明みたいですけど、やっぱり風太郎の様に過去に何かあったんじゃないのかな。貧しいとか裏切りが原因かどうかは分かりませんけど、まぁあれだけ美しいですからね、何かあったんじゃないかしら~、まぁ分かりませんけどね。いつか判明するのかな。

それにしても藍染様の孤独を知るのが一護と浦原さんだけで、その事も一度会話に出てくるだけって、よけいに孤独感を深く感じますね~。雛森ちゃんだってさすがにもう藍染病は治るだろうし、そうなると気に掛ける者はなし…。「アンフェア」の斉木には思いを託す雪平がいたし、「銭ゲバ」では風太郎のせいで家族を失った緑が、あえて風太郎の過去を知ろうとしますが、藍染様にはそういう相手がまったくいないんだな…。藍染病が治ってなかった雛森ちゃんが、治った様に振る舞いながら、裏で同志を募り、そして藍染様を脱獄させるとか…ないか。これだと藍染病が治らないどころか、藍染的行動をとる様になるので、まさに藍染病の極致ですね。

過去について考えてみましたが、実は自己愛性人格障害だったって事もあるのかもしれないですね。この人格障害では内的には不安定でも、外的には人付合いが上手い温和な人や、強い人に見せる事ができます。誇大的自己から自分は特別だと思い込み、誇大的自己像を現実化しようとするという事や、また際限なく権力を追い求める事もあります。平気で嘘をつく事もありますし、他者に共感したり、思いやりを持つ事ができず、他者との信頼関係を持てない状態もあります。自己愛性人格障害により自分は優越的で素晴らしく特別で偉大な存在でなければならないと思い込む状態だったんでしょうか。自己愛性人格障害はいじめや虐待、暴力の加害者に多く、世界的に問題視されていますが、実は発症原因に虐待などの暴力、またはネグレクトがあるとされています。となるとやっぱり過去に何かあったんじゃないかという話に戻っちゃいますが…。うーん、藍染様の過去について、この先知る事ができるといいな。



今週のBLEACH(2010、11、2) [ブリーチ]

今月からアニメ版「BLEACH」の感想を書きますね。内容は藍染様メインです。タイトルは放送日に感想を書けない日も多いだろうから、今日のじゃなくて今週の、にしました。

今日の藍染様は総隊長の放った一刀火葬で上の服がだいぶ焼けちゃったのかお肌が露出してました…。一刀火葬に気が付いた時や、隙を突いた一護の攻撃に驚いた表情に萌えますねぇ。超越した強さを備える藍染様だからこそ、ああいう表情がたまりませ~ん。

一護の戦いによる成長は藍染様によって裏で演出されていたという驚きの真実が分かりました。ということで今回は一護とルキアとの出会いや、一護をレベルアップさせた戦いを振り返ります。ルキアとの出会いは再放送で観ましたけど、他の戦いは始めて観ます。恋次、白哉、剣八、みんなカッコイイね~。そして彼らを倒していく一護もカッコイイ。浦原さんも出てましたね~。原作だと藍染様と浦原さんのからみもあるそうですね。麗しい姿の藍染様とのからみだといいんだけど、原作だと藍染様ってこの先はだいぶ姿が変わっちゃうそうだから、もしかして別の姿でのからみなんでしょうか…。

ラストでは藍染様が今までの一護をモニターで見ていたという事まで分かりました。眼鏡藍染様いいわぁ。ギンとの会話いいわぁ。予告では予告映像にのせて、キャラがコミカルなセリフを言うんですけど、今回は藍染様とギンが登場。藍染様によると過去の戦いを振り返ったのは、視聴者が過去の戦いを忘れていると困るからだそうで、決して藍染様が忘れていたからではないそうです。ギンがわざとらしく自分も忘れてたことがあったと言うと、藍染様はちょっとムキになったのか、私は忘れていないと念を押してました。ギンにぜったい忘れてたとか言われちゃってましたけど。

次回は一護の父、一心が登場するのかな。予告からすると藍染様の服がさらに…



ブリーチ ブログトップ