So-net無料ブログ作成
検索選択

ダルムード砂漠をさまようウォーレン [伝説のオウガバトル]

伝説のオウガバトルをプレイ中です。今回はまずアラムートの城塞へ。このステージは海賊からバトルクラウンズという高価な本をもらえるイベントに挑戦出来ますが、前回のプレイでもうやっちゃいましたし、CFが低くないと出来ないイベントなので、再プレイの今回はやめといて海賊とはかかわらない優等生プレイを。このイベントやらないと楽でいいですね(^^;)。このイベントなしでも色々アイテムもらえるステージでして、工業都市キングアバリオスではCFに応じてアイテムがもらえます。私は80以上だったのでブラックロータス、黒い蓮です。これよりもCFが低い時にもらえるアイテムの方が高価だそうで、中でも我欲の石臼が一番高いそうですよ。このステージではクラーケンがメイルシュトロムで、またマッドハロウィンがドラッグイーターで妙に活躍してくれてました。どっちの攻撃も結構な攻撃力になりますね。マッドハロウィンはアンデッドを倒せるので重宝。

ステージボスはそれぞれ将軍のジェミニ兄弟。弟のポルックスの声優さんのヘタさ加減にウケました。この兄弟はセリフからすると良い人たちのようですね、戦闘するのが辛いわぁ…(´_`)。二人の必殺技ジェミニアタックはドラゴンさえも一撃で倒すそうで、前回のプレイで見た時はビビりました。が今回は、フェンリルがリーダーで他にゴエティック、エンジェル、バハムートのユニットでカード使用しつつ対戦したら必殺技を見る事もなく勝てちゃいました。発見した宝はノトス、銀のヘルメット、覇者の剛剣、氷のシミター、ベルオブフレイム。覇者の剛剣だけは嬉しいな。

このあとダルムード砂漠へ。このステージでようやくサタンとバルタンが誕生。さらに戦闘でALIをあげてゴエティックがまた誕生、その名がなんとヤコブ。ヤコブだから強い方がいいかと思ってネクロマンサーにしてみました。リッチにするのは良くないですね(^^;)魔術士でまだゴエティックになっていないのは占星術師ウォーレン・ムーンだけに。そこでウォーレンも戦闘でALIをあげようと敵がよく来る拠点にウォーレンのユニットを向かわせるんですが、何故か敵がウォーレンを避けるように別の拠点に行ってしまう…。敵を追わせたんですが異様にノロいウォーレンのユニットが砂漠を移動するのにえらく時間がかかっちゃって追うにも追えない…。で、ちょうど敵本拠地の近くにいたんで、そのままステージボスのプロキオンと戦わせてみたんですが、カード何枚も使っても惨敗…。ウォーレン…。

プロキオンは強くて他のユニットも次々と敗れちゃいましたが、相手は忍者なので神聖系攻撃がいいのかなとユーシスのユニットを向かわせて、エンペラーのカードで攻撃回数+1にして勝利。ユーシスの攻撃だけがプロキオンにかなり効果ありました。クリア後は三賢者うちギゾルフィ、さらにポグロムのポルトラノに女神フェルアーナの秘石をもらえます。ここでの発見した宝はアイスブレード、烙印の指輪、マラカイトソード、スパイクシールドです。孔雀石から作られたマラカイトソード、きれいでしょうね。途中ドリームクラウンもゲットしたんですが、プリンセスは二人いれば十分です。

今回発見した四風神器の一つノトスの名前の由来は、ギリシャ神話でアネモイとよばれる東西南北の各方角を司る風の神のうち、晩夏と秋の嵐を運ぶ南風の神ノトスです。四風神器の他の三つの名前の由来もアネモイで、ボレアスは冬の北風の神、ゼピュロスは春と初夏の西風の神、エウロスは東風の神(エウロスだけが季節と関連付けられていないそうです)で、この四人は兄弟で、またアネモイの中でも主要な上位の神です。。南風のノトスは暖かく吹く事もあれば、霧をもたらす事も。さらに秋に雨や雹を降らせる事もあるそうで、この事から農作物の破壊者として恐れられていたそうですよ。

ギリシャ神話集 (講談社学術文庫)

ギリシャ神話集 (講談社学術文庫)

  • 作者: ヒュギーヌス
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: 文庫


2007-06-12 06:17  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。